人とのコミュニケーション

カルテを書く看護師

補聴器で聴力を補おう

耳が遠くなって聞こえにくいならば補聴器をつけるようにしましょう。やはり耳というのはとても大切な器官です。耳が遠くなると人の話も聞きにくくなりますので、それだけ人との付き合いが億劫になってしまいます。そうして人づきあいなどがしなくなってしまいますので、それで引きこもってしまう原因になってしまうというようなこともあります。そうしたことから補聴器をつけることによってその聞こえにくい音をしっかりと聞き取ることができるようになるので今までと同じように、コミュニケーションを取ることができます。補聴器はいろいろな製品が販売をされていますので、少しでも自分の耳の状態に合わせたものを選ぶようにする必要があります。

販売員のアドバイスを

まずは、どのような製品が自分の耳にぴったり合うのかというようなことを確認するためにも実際に販売店に赴くようにするのが良いでしょう。そこで一度つけてみて、どのような形で聞こえることができるのかというようなことを確認すると良いのではないでしょうか。そうしなければ装着をしてから不快感を感じてしまうというようなことになってしまう可能性もあります。小さな音を拾うというようなことで、そのせいで雑音やノイズなどが混ざってしまうというようなこともあるのです。そのために余計に耳鳴りのような症状に悩まされるというようなケースもありますので、補聴器を選ぶときにはきちんとした知識を持った販売員にアドバイスをもらい選びましょう。