耳が遠くなったら

体温計を渡す

聴覚の低下と補聴器の必要性

年齢が高くなるにつれて、耳が次第に遠くなってくることがあります。そんな聴覚の悩みを抱えていては、生活を十分に楽しめなくなってしまいます。体そのものは健康な状態に合ってもうまく会話に参加できないことによる疎外感を感じてしまうこともあります。そこで低下してくる聴覚を補聴器で補うようにしたいものです。近年はとても性能のいい補聴器が開発されているので、使っていてもあまり目立ちませんしとても軽く負担が少なくて済むようになっています。またノイズが入ってこない自然に耳で聞きとるのと同じような感覚の製品が多くなってきています。しかしどうしても高額になりがちですから、まずはレンタルで試す期間を持つようにするといいでしょう。

レンタルで使い心地を試す

聴覚の状態には個人差があります。自分に合った補聴器を見つける必要があります。また購入するとなると品質のいいものはかなり高額になるので、実際に試してからその性能を確かめてからにしたいものです。一定期間レンタルをすることで、高額になりがちな補聴器を実際に使って試すことができます。レンタルをしながら一定期間暮らすことで、どれほど生活の質の改善がみられるかがよくわかるものです。またレンタルをすることで、様々な種類の補聴器を試すことができます。自分に合った補聴器をレンタルして試すことで、自分にとってぴったりの補聴器を選ぶことができます。レンタルをして試してみることで、実際に使い心地がよくわかるので、安心して購入の判断ができるようになります。