ドクター

人とのコミュニケーション

カルテを書く看護師

耳が聞こえ難くくなってきたら補聴器をつけましょう。聞き取りにくい音もしっかり聞き取れるため、耳が悪くなってもこれまでどおり人とコミュニケーションを取ることができます。

聴覚のサポート

カルテを書く医師

難聴になった場合に補聴器を利用します。購入すると金額が高いので、レンタルでリーズナブルに使用することが出来ます。種類も豊富ですので、自分にあったものが選べます。

難聴と診断されたら

カルテを持つ医師

駅から近い場所に立地している新宿の耳鼻科はこちらにあります。抱えている症状を克服する為に相談してみませんか。

徹底して治す取り組みを行なうようにしましょう。めまいを改善したいと考えているのであれば、こちらからとなっています。

補聴器をつけることが決まったら

「難聴」と診断されるのは加齢や病気が原因となりますが、「聞こえ」というのは日常生活の質を大きく左右するものですから、改善の必要性は大きいです。しかし難聴には重大な病気の恐れもあるため、難聴やめまいがある場合にはきちんと耳鼻科を受診することが大切です。めまいや難聴は加齢以外でも起きるため注意が必要です。とくに原因が分からないことも多いのですが耳鼻科で一度診てもらうと安心です。難聴と診断され、回復の見込みがないようであれば、補聴器という選択肢になります。補聴器ときくと一気に老け込んだ気持ちになるのが一般的な反応ですが、今や病院だけでなく、眼鏡店や通販など補聴器の購入経路は拡大しています。しかも、自分にあった補聴器を見つけるための方法として、「レンタル」を選ぶ人も多くなっています。補聴器は難聴の度合いによって調整が必要です。購入したらそれでおしまいということにはならないのです。しかも、高性能な商品であればそれなりの価格がしますからレンタルという方法には利点が多いのです。

眼鏡の感覚で作れます

レンタル補聴器を利用する人は、「最新のものを試してみたい」「いきなり買うのは勇気がいる」「補聴器が必要なのか分からない」などの理由を挙げています。確かに、購入後メンテナンスこそあるものの、自分に合わなかった場合、難聴なのにもかかわらず、補聴器を使うのをやめてしまっては元も子もありません。レンタルのお試しまであるので、初めての補聴器を考えている人には便利なシステムです。2週間で3000円程度と比較的お手頃価格で設定している業者が多いので、色々調べてみるのが得策です。お試しレンタルであっても、1週間後の調整があって快適に使うことができます。購入やレンタルにしろ、装着には聴力測定などが必要なので、来店が必要になります。

インフルエンザなどの感染症を治療することも出来ます!新宿の耳鼻科を受診して、体調不良を改善すると良いですよ!

耳が遠くなったら

体温計を渡す

歳を重ねると耳の聞こえも悪くなっていきますが、補聴器をつけることによって聴覚の悩みも解決することができます。最近では補聴器レンタルを利用して使い心地を試してから購入を決定することも可能です。